後払いアプリ PR

メルペイを即日現金化する裏ワザ!スマート払いなら後払いでOK!

メルペイを即日現金化する方法

メルペイ」は、メルカリのアプリでそのまま利用できる便利なスマホ決済です。

使えるお店が多い上、メルカリの売上金を買い物に使えるので、メルカリユーザーには非常に使い勝手が良い電子決済サービスと言えます。

また、メルペイには「メルペイスマート払い(メルペイのあと払い)」という後払いの決済方法があり、限度額も高めなので、実は現金化にも向いているのです!

\メルペイの現金化ができる/

アイペイバナー

今回は、メルペイのスマート払いを使った現金化の方法を、初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

メルペイを現金化する2つの方法

メルペイを現金化する方法

メルペイの現金化は、大きく分けて2つありますので、まずはそれぞれの違いからご説明します。

①メルカリの売上金を銀行口座へ出金

メルカリの売上金を銀行口座に出金
現金化までの日数 翌日~3日後
手数料 200円
入金方法 口座振込

メルカリの売上金がある場合、わざわざ現金化の裏技をしなくても、簡単な手続きで出金できます

メルカリアプリ>「マイページ」>「振込申請」から手続きしましょう。

振込手数料200円が必要です。

また、ゆうちょ銀行への振り込みに限り、「お急ぎ振り込み」を選択できます(別途200円かかります)。

通常、ゆうちょ銀行への振り込みは最短でも2日後ですが、お急ぎ振り込みを利用すれば最短翌日の振り込みが可能です。

②メルペイスマート払いで現金化

メルペイスマート払いで後払い現金化
メルペイスマート払い(メルペイのあと払い)
チャージ上限額 人による(最高50万円?)
支払い期限 チャージした月の翌月末まで

※定額払いも可

支払い方法
  • 口座引き落とし
  • メルペイ残高
  • コンビニ/ATM
手数料 コンビニ/ATMのみ:220円~880円
審査 独自審査

※定額払いは信用情報調査あり

必要書類 本人確認書類

もう1つは、メルペイスマート払い(メルペイのあと払い)を利用した現金化です。

メルペイスマート払いは、今月の利用分を来月にまとめて支払えるサービスで、メルカリはもちろん全国のメルペイが使えるお店で利用できます。

通常は翌月に一括で支払いますが、月々決まった額を支払う「定額払い」も任意で利用可能です。

しかも利用限度額が高く、人によっては最大50万円もの枠がもらえることもあります。

審査も独自の基準に基づいたもので、信用情報などはチェックされないので、限度額が高いわりにハードルが低めです。

ただし「定額払い」を利用する際は、信用情報調査が行なわれます

メルペイスマート払いの現金化手順

メルペイスマート払いで現金化する手順

審査がゆるめで限度額が高いメルペイスマート払い(メルペイのあと払い)は、手持ちがない時の現金化にぴったりです。

ここでは、メルペイスマート払いを利用して現金化する手順をくわしく解説していきます。

1.メルカリアプリで会員登録

メルカリアプリをダウンロードして会員登録

メルカリアプリがない人は、まずダウンロードして会員登録しましょう。

SMS認証が必要なので、携帯電話番号が必須です。

またはTwitterやFacebookなどのアカウントと連携もできます。

メルカリアプリを使用している人は、そのまま次のステップに進みましょう。

2.アプリで本人確認

メルペイスマート払いを利用するためには、本人確認が必要です。

マイページに「本人確認済みバッジ」が付いている場合は、すでに本人確認が完了しています。

付いていない場合は、運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・在留カードのいずれかを用意の上、メルペイアプリの「かんたん本人確認」から手続きしましょう。

指示にしたがって書類の表裏を撮影し、それを持ちながら自分の顔を撮影します。

本人確認には通常2営業日、最大5日程度かかりますので、急ぎの方はなるべく余裕をもって申し込むようにしてください。

3.メルペイスマート払いを設定

メルペイスマート払いを設定

本人確認が完了したら、「メルペイスマート払い」の設定をします。

アプリ>「メルペイ」>「使い方」>「メルペイスマート払い」>「設定を始める」から手続きできますので、指示にしたがって進めていきましょう。

最後に利用上限額を選んで、「この金額ではじめる」をタップすれば終了です。

メルペイスマート払いの限度額は人によって異なりますが、利用状況によっては初回でも50,000円以上もらえる人もいます。

4.バーチャルカードを発行

バーチャルカードを発行する

次に、メルペイのバーチャルカードを発行します。

メルペイのバーチャルカードはMastercardブランドなので、Mastercardの使えるネットショップならどこでもクレジットカードと同じように使うことが可能です。

同時に「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定も行ないますので、メルペイの使える街のお店でid決済やコード決済をすることもできます。

手順は以下の通りです。

  1. 「支払い>カード券面部分をスライド>その他の便利な支払い>メルペイスマート払い」から「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定をする
  2. 「支払い>カード券面部分をスライド>その他の便利な支払い>すべて見る>バーチャルカード」を選択
  3. 画面の案内を確認して、設定を完了する

以上の手続きで、ネットショップおよび街のお店での買い物に、メルペイスマート払いが使えるようになります。

5.メルペイを現金化する

メルペイを現金化する

設定が終わったら、メルペイを現金化していきましょう。

\メルペイの現金化ができる/

アイペイバナー

メルペイを現金化するには、「メルペイで商品を買って売る」「メルペイ対応の現金化業者に依頼する」という2つの方法があります。

自分で現金化したい!という場合は商品を買う方法がおすすめですが、時間も手間もかかるケースがほとんど。

手っ取り早く現金化するなら、対応業者に頼むのがおすすめですよ。

ここからは、それぞれの方法の詳しい手順をご紹介します。

  • 方法①メルペイで商品を買って売る
  • 方法②メルペイ対応の現金化業者へ依頼

方法①メルペイで商品を買って売る

1つは、メルペイで換金性の高い商品を買って売る、という方法です。

メルペイのバーチャルカードならクレジットカードと同じように使えるので、たとえばAmazonでAmazonギフト券を購入できます。

また、リアル店舗でもメルペイが使えるお店はたくさんありますから、郵便局で切手を購入するのも一つの方法です。

もしくは、メルカリに出品されているブランド物などを購入する方法もあります。

自分のメルペイスマート払いの利用限度額を超えない範囲で、なるべく換金性の高い商品を購入したら、それを高く買い取ってくれるお店に売りましょう

アマギフなどの電子ギフト券は、専門の買取店がネットにたくさんありますので、なるべく買取率の高いお店を選んで売ってください。

方法②メルペイ対応の現金化業者へ依頼

もう1つは、現金化の専門業者に任せる方法です。

現金化といえばクレジットカードが有名ですが、メルペイもバーチャルカードをクレジットカードと同じように使えるため、現金化できる業者がいくつかあります。

業者での現金化は、大きく分けて「買取式」と「キャッシュバック式」がありますが、いずれも指定された商品をメルペイで購入するだけで現金を振り込んでもらえる点は同じです。

自分で商品を選んだり売ったりする必要がないので、スピーディに現金化ができます。

現金化業者を利用する際は、できるだけ運営実績が長く、評判のいいところを選びましょう。

換金率は、70~80%程度が目安です。

60%台では低く、80%以上だと十分高い、と考えましょう。

6.翌月末までに支払う

翌月末までに支払う

メルペイスマート払いを利用したら、翌月にまとめて支払う必要があります。

支払い期間は、利用月の翌月1日から末日までです。

自動引落し(6日、11日、16日、21日、26日のいずれかを指定)・メルペイ残高へのチャージは手数料無料ですが、コンビニ/ATMでの支払いは220円~880円の手数料がかかります。

ちなみに、メルペイスマート払いの支払いには、メルカリの売上金を利用することができません

ただし、友達招待やキャンペーンなどでもらえるポイントは利用できます。

メルペイ残高の現金化に使えるおすすめ優良業者

メルペイ残高の現金化おすすめ優良業者高額現金化も夢ではないメルペイですが、残念ながらメルペイの現金化に対応した業者は多くありません。

一般的な「後払いアプリ現金化業者」では利用できないケースが多いため、ご注意ください。

また、メルペイに対応していても、万が一悪徳業者であれば無用なトラブルに巻き込まれてしまいますので、安全に利用できる業者であることが大切です。

ここでは、メルペイに対応、かつ信頼性の高い業者を厳選してご紹介します。

後払いアプリの現金化に強い「アイペイ」

アイペイバナー
換金率
  • 1~10万円:82%
  • 11~50万円:82%
  • 51~100万円:85%
振込スピード 最短5分
営業時間 9:00~21:00
メルペイ以外の決済方法 Paidy(ペイディ)/メルペイ/バンドルカード

「アイペイ」は、東京に本社を置く現金化業者です。

さまざまな後払いアプリの現金化に対応しており、その一つにメルペイも入っています。

年中無休で、朝は9時から営業しているため、急に現金が必要になった時にも心強い業者です。

換金率は申し込み金額によって変動しますが、最低でも82%、最大で87%となっています。

手続きはすべてWebで完結&最短5分で現金が振り込まれるので、大変便利です。

アイペイでは「キャッシュバック方式」を採用しており、購入した商品のキャッシュバックという形で現金を受け取ります。

そのため、商品の受け取りが必要である点にご注意ください。

メルペイの現金化は違法?安全性は?

現金化は違法?安全性は?

「メルペイを現金化してみたいけれど、違法じゃないかどうか不安…」という方もいると思います。

ここでは、メルペイ現金化の違法性や安全性について、くわしく解説していきます。

違法ではないがメルペイの利用規約に違反する

メルペイの現金化は違法ではないため、警察に逮捕されるようなことはまずありません。

ただし、メルペイの利用規約を見ると、換金目的での利用は禁止されています(第 18 条 禁止事項)。

また、メルペイの公式サイトにも、メルペイスマート払いの与信枠を現金化する行為についての注意喚起が掲載されています。

メルペイでは、メルペイスマート払いの与信枠を現金化する行為(本来、商品やサービスを後払いするために設定されている「ショッピング」の利用可能枠を換金する目的で利用すること)やそれに類する行為を禁止しております。

(中略)そういった行為を発見した場合は利用を停止の上、一括返済を要求させていただくこともございますので十分にご注意ください。

引用元:メルペイ「【注意喚起】メルペイスマート払いの与信枠を現金化する行為について」

このように、メルペイの現金化は違法ではないものの、メルペイでは禁止されている行為です。

万が一、後払い現金化の手段として使ったことがバレると、メルペイの利用停止や残債の一括返済などのペナルティが課せられるおそれがあります。

特にメルペイで買った換金性の高い商品を自力で転売する方法などは、メルペイ側にバレやすいため、信頼できる現金化業者を使う方法が一番安心でおすすめです。

悪質な現金化業者を使うと詐欺の恐れも

メルペイの現金化は、安全性の面でもリスクがあります。

特に気を付けたいのが、悪質な現金化業者に依頼してしまうことです。

残念なことに、ネットには闇金まがいの現金化業者もひそんでおり、誤って手を出すと大きなトラブルに発展する可能性があります。

たとえば、以下のような事例が報告されています。

  • 記載されていた換金率より、実際はずっと低かった
  • キャンセルすると法外なキャンセル料を請求された
  • そもそも振り込まれなかった
  • 個人情報を流され、闇金から連絡が来るようになった

このようなリスクを避けるためにも、業者選びは慎重に行うことが大切です。

特に、口コミ評価が極端に悪い業者や、公式サイトの情報が少なすぎる業者などには気を付けましょう。

信頼できる業者であれば、会社の所在地や代表者名、連絡先などがしっかり記載されているはずです。

安全性が確かではない業者は、念のため避けるようにしてください。

メルペイ現金化の注意点

メルペイを現金化する際の注意点

メルペイは、後払いで利用できる金額が大きく、使えるお店も多いので、現金化には非常におすすめです。

ただし、次のような注意したい点もいくつかありますのでご確認ください。

利用停止になる可能性

利用停止の可能性がある

メルペイスマート払いの現金化は、法律に反した行為ではありませんが、残念ながらメルペイの利用規約では禁じられています

第 18 条 禁止事項

(26) 現金化を目的として商品・サービス等の購入等に立替払いサービス(定額払い利用規約に定める定額払いを含みます。)を利用すること

引用元:メルペイ利用規約

上記のように明記されていますので、あくまでバレないように行なう必要があります。

万が一バレてしまうと、メルペイの利用を停止される可能性もありますのでお気を付けください。

ちなみに、現金化がもっともバレやすい行為は「換金性の高い商品ばかり狙って購入すること」です。

それを考えると、自分でギフト券やブランド品などを買って売りさばくより、プロである現金化業者に頼んだ方がリスクは低いと言えます。

メルペイスマート払いが使えるのは18歳以上

18歳未満は利用できない

メルペイスマート払いは、18歳未満の人は利用できません

18歳・19歳は保護者の同意なく利用できますが、利用上限金額は最大 5万円となっています。

18歳・19歳の方は、利用限度額の範囲内で、ムリのない利用を心がけましょう。

ちなみに、メルペイの定額払いは20歳以上から利用可能です。

電子ギフト券の転売はリスクが高い

電子ギフト券の転売はリスクが高い

先にも少し触れましたが、メルペイでは現金化目的の使用を禁止しています。

特にバレやすいのは、電子ギフト券や切手、新幹線の回数券などの換金率が高い商品を大量に購入したような場合です。

また、ブランド品や人気の家電、ゲーム機などを複数購入するのもハイリスクと言えます。

中でも、Amazonギフト券は現金化によく使われることから、Amazonも各カード会社も監視の目が厳しくなっているようです(Amazonでもギフト券の転売は禁止しています)。

特にAmazonに転売が疑われた場合は、せっかく購入したアマギフがロックや無効化されたり、Amazonアカウントを停止されたりすることもあります。

無効化されたアマギフはどこにも買い取ってもらえないので、大損をしてしまうことに…。

こうしたリスクを考えると、自分で転売するよりは、「カード事故0件!」をうたっている実績の豊富な現金化業者に任せた方が安心です。

残高を100%現金にはできない

残高を100%現金にできない現金化業者を使ってメルペイを現金化する場合、業者に手数料を支払う必要があるため、残高をそのまま現金にできるわけではありません。

たとえば、換金率が80%の業者に依頼する場合、10万円振り込んでもらうためには12万円以上の残高が必要ということになります。

換金率は、高くても90%前後ですので、どうがんばっても100%現金にすることは不可能です。

必要な金額をもとに、いくら現金化すればいいのかを計算してから申し込みましょう。

また、悪質な業者に申し込んでしまうと、さまざまな名目をつけて手数料を多く差し引かれることもあるため、くれぐれもご注意ください。

メルペイ定額払いは追加で手数料がかかる

メルペイスマート払いの支払い方法には、一括払いのほかに「メルペイ定額払い」もあります。

クレジットカードのリボ払いのように、利用料金を月々に分けられる支払い方法です。

一度に支払うのが難しい場合に便利ですが、定額払いは「実質年率15.0%」の手数料がかかる点に注意しましょう。

これは、消費者金融のカードローンの金利とほぼ同じですので、安易に利用すると支払総額がかなり大きくなってしまう可能性があります。

また、定額払いでも一括払いでも、支払い期日に遅れると遅延損害金(年率14.6%を日割り計算した金額)が発生する点にもお気をつけください。

その場合、滞納が解消するまで、メルペイスマート払いを利用できなくなります。

以上のリスクを考えると、メルペイスマート払いで後払い現金化する際は、「できるだけ一括払い&期日までに支払える必要最低額のみ」にしておいた方が安心です。

メルペイと他の後払いアプリを比較!

他の後払いアプリと比較!
メルペイ バンドルカード Paidy
後払い方法 メルペイスマート払い
  • ポチっとチャージ
  • ドコモ払い
後払いのみ
後払いチャージ可能額 最大50万円 最大100,000円
※ドコモ払いの場合
最大20万円程度
※ペイディプラスの場合
手数料 コンビニ/ATM払いの場合:220円~880円 510円~1,830円
  • 口座振替:無料
  • 銀行振込:振込手数料
  • コンビニ払い:356円
本人確認 必要 不要

※リアル+は必要

不要

※ペイディプラスは必要

信用情報調査 なし なし なし

※ペイディプラスはあり

支払い期限 翌月末まで

※定額払いも可

翌月末まで 翌月10日
※ペイディプラスは最大3回払いが可能
支払い方法
  • 口座引き落とし
  • メルペイ残高
  • コンビニ/ATM
  • コンビニ払い
  • セブン銀行ATM
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • コンビニ払い
  • 銀行振込
  • 口座振替

メルペイとバンドルカード、Paidyの後払いサービスをさまざまな項目で比較してみました。

メルペイスマート払いは、最初に本人確認の手間はかかりますが、利用限度額の高さが大きな魅力です。

もちろん、すべての人が50万円の枠をもらえるわけではありませんが、コンスタントに利用を続ければ、口コミを見る限り10万円以上は設定されている人がほとんどのように見えます。

また、審査に通れば定額払いができるのも便利です。

全体的に見て、現金化にはかなり使い勝手がいい決済サービスと言えると思います。

メルペイスマート払い現金化、6つのQ&A

メルペイスマート払い現金化に関するQ&A

おしまいに、メルペイスマート払いを現金化するにあたって気になる人の多い質問をまとめました。

増額や審査についてもよりくわしく説明しているので、ぜひ参考にしてください。

Q1.メルペイスマート払いの上限額は?

メルペイスマート払いの上限額は、以前まで30万円だったようですが、2022年8月の改定により50万円に引き上げられたことが分かっています。

ですから、現時点では50万円が最高額です。

利用上限額が更新されるのは毎月1日と言われています。

増額されたら、アプリのお知らせにメッセージが届きますので、それを待ちましょう。

増額申請は受け付けていませんが、「メルペイスマート払いの利用と支払いを繰り返す」「メルカリをたくさん利用する」などが増額につながると考えられます。

特に、遅れずにきっちり支払うことが大切です。

Q2.メルペイスマート払いはブラックでもOK?

メルペイスマート払い自体は、信用情報調査は行なわれませんので、金融ブラックの人でも利用できる可能性はあります

信用情報調査が行なわれるのは、定額払いに申し込んだ場合です。

定額払いはリボ払いと同じなので、「割賦販売法」の適用を受けて、信用情報のチェックが義務付けられています。

ただし、上でもご説明したように、メルペイの定額払いはブラックの人でも審査に通るケースがわりとあるようです。

おそらく独自の基準により、メルカリ・メルペイへの貢献度も加味される可能性があります。

Q3.メルペイスマート払いの支払いを滞納したら?

メルペイスマート払いの支払い期間を過ぎてしまった場合、口座振替はできなくなるので、「残高にチャージして支払う」または「コンビニ/ATM」で支払う必要があります。

1日でも早く支払うことが大切です。

もし滞納を続けると、メルペイの利用が停止となり、遅延損害金などが発生します。

それでも督促を無視し続けた場合、弁護士から連絡が来るようになり、最終的に訴訟に発展するおそれがありますのでご注意ください。

また、支払いの遅れが2~3ヶ月を超えると、信用情報機関に登録されて、いわゆる「ブラック」となってしまいます。

そうなると他のクレジットカードやローンの審査にも影響が出ますので気を付けましょう。

Q4.電子ギフト券以外で換金性の高い商品は?

メルペイは郵便局の窓口でも利用できることが多いので、切手はおすすめです。

バラよりもシートの方が換金率は高く、普通切手のシートは額面の80%以上で売れる可能性があります。

その他、新幹線の回数券・人気のゲーム機やソフト・家電・人気のブランドバッグなどは高く売れやすいですが、先にもご説明したように、こうした商品ばかりを狙って購入すると、現金化が疑われやすくなります。

自分で転売して現金化する場合は、くれぐれもご注意ください。

Q5.メルペイスマート払いに売上金は使える?

メルペイスマート払いの支払いに使えるのは、友達招待やキャンペーンなどでもらえる「無償ポイント」のみです。

メルカリの売上金で購入したポイントは「有償ポイント」ですので、残念ながら支払いに用いることができません

売上金は、最初にご紹介した「メルカリの売上金を銀行口座に出金する(振込申請)」の方法で現金化しましょう。

Q6.メルペイの現金化には何日かかる?

公式の「振込申請」で出金する場合、最短でも1日、申請のタイミングや出金先によっては最長で5日かかります。

特にゆうちょ銀行の口座への振り込みは遅く、最短でも2営業日後です(お急ぎ振り込みを利用しない場合)。

一方、現金化業者を利用すれば、メルペイスマート払いの利用枠も含めて即日現金化できます。

急ぎで現金が必要な方は、公式の振込申請ではなく、現金化業者の利用を検討してみてください。

参考までに、公式の振込申請の振込スケジュールは以下の通りです。

申請した曜日 申請した時間 振込日
月曜日 0時00分〜8時59分
  • ゆうちょ銀行:水曜日
  • その他:火曜日
9時00分〜23時59分
  • ゆうちょ銀行:木曜日
  • その他:水曜日
火曜日 0時00分〜8時59分
  • ゆうちょ銀行:木曜日
  • その他:水曜日
9時00分〜23時59分
  • ゆうちょ銀行:金曜日
  • その他:木曜日
水曜日 0時00分〜8時59分
  • ゆうちょ銀行:金曜日
  • その他:木曜日
9時00分〜23時59分
  • ゆうちょ銀行:月曜日
  • その他:金曜日
木曜日 0時00分〜8時59分
  • ゆうちょ銀行:月曜日
  • その他:金曜日
9時00分〜23時59分
  • ゆうちょ銀行:火曜日
  • その他:月曜日
金曜日 0時00分〜8時59分
  • ゆうちょ銀行:火曜日
  • その他:月曜日
9時00分〜23時59分
  • ゆうちょ銀行:水曜日
  • その他:火曜日
土曜日 終日
  • ゆうちょ銀行:水曜日
  • その他:火曜日
日曜日 終日
  • ゆうちょ銀行:水曜日
  • その他:火曜日

ゆうちょ銀行の「お急ぎ振込」を利用した場合は、ゆうちょ以外の金融機関と同じスケジュールで振り込まれます。

ただし、振込手数料(200円)に加えて、お急ぎ振込の手数料が別途200円かかります。

まとめ:メルペイ現金化はメルカリユーザーにおすすめ

メルカリユーザーにおすすめ!

メルペイスマート払い(メルペイのあと払い)を使って後払いで現金化する方法をご紹介しました。

メルペイスマート払いは、信用情報調査なしで利用限度額が最大50万円という、非常に魅力的な後払い機能です。

初回でも5万~10万、メルカリやメルペイをよく使う人なら20万~30万円の枠はもらえる可能性が高いので、まとまった金額を現金化することができます

特にメルカリのヘビーユーザーは定額払いの審査に通りやすかったり、利用限度額が上がりやすかったりすると評判ですので、メルカリの利用頻度が高い人には非常におすすめです。

ただし、利用規約には違反してしまいますので、あからさまに換金性の高い商品ばかりを購入しないように注意しましょう。

<景品表示法に基づく表記>
本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。